大工が建てる「和モダン」の家。
日本の木を生かした
ホッと落ち着く心地良い空間。
古い型に縛られることなく、
自由な発想で、頑丈で、
快適、
健康に暮らせる家を提案しています。

大工が造るほんまもんの木の家を知ってもらいたい

未来につながる
家へのチャレンジ!

大工の技術と最新設備を融合。
日本の木で建てる未来型住宅
「together+」に参画しました。

together+豊山

宮本建築が造る木の家への思い

木は1本1本いろんなクセを持っている。それを知ってちゃんと生かしてやる。それが本当の自然派志向の家だ。流行の木造住宅とは違う、大工が造るほんまもんの木の家を知ってもらいたい。

構造を隠すことなく、職人としての腕を、技を、みんなに見てもらい、誇りを持てる仕事をしたい。そして100年は長持ちさせたいと思える、世の中に2つと無い宮本建築だけのオリジナルを造りたい。

家造りに関わる、人と人との繋がり「輪」を大切にしていきたい。
人生は1回、人に恨まれるような仕事はしたくない。

施主の喜ぶ顔が見られたらええやん。
未来の孫たちに喜ばれる家づくりができたら嬉しいやん。

棟梁 下浜光行

宮本建築の家造り

宮本建築的木造建築

架構の耐久性を確保する為に、部材の呼吸を妨げないようにするのと同時に、万一傷んだ場合にも点検・補修が容易に出来るように配慮する必要がある。
あと日本の気候風土と歴史の中で継承されてきた、職人の技術・手法ひいては心意気を見てもらいたい。

木造建築

木造建築

木造住宅のしくみ

伝統的な建築工法の木造住宅

宮本建築が造る家は、柱と梁(はり)桁(けた)などの骨組みで家を支える、日本の気候・風土にあった伝統的な建築工法の木造住宅です。

木造建築

木造建築

木について

木について知ってほしいこと

木の家は心地いい、人にやさしいなどとよく言われます。しかし、それは木材の性質を正しく理解し、きちんと扱って建てられた家のみに言えることです。
そうなると・・・自然と答えは出てくる。

木造建築

木造建築